デニスのカメ達

気付けば週一更新になっているこのブログ。
クリーパーの記事書きがやっとこさ終了したので、そろそろ FF4 
2日に一度」のお題目をこなせるように頑張ります。

USAの水ガメブリーダー、デニス氏より
一足早いクリスマス便(笑)が到着しました。
「シッパーライセンスもないし、年に一度フロリダでみんなと話しながら
殖えたカメを売ればそれでいい」

的なノリで、なかなかシッピングをしてくれない(笑)デニス氏。
必然、年に一度デイトナのエキスポで彼の殖やしたスライダー達を買い付けてくることになるのですが。
どうしても時期的にエキスポ以降のハッチが結構出るわけです。
で、デニスさんてば一年子ガメを育てると、
「これはうちの(笑)」と、自分の飼育槽に放ってしまうため、
エキスポ以降ハッチのカメは欲しくてもタイミングが合わないという状況。
このジレンマに今回救いの手をさしのべてくれたのが、エキスポツアーでお世話になっている
SIG Internationalさん。
ホント、何から何までお世話になります。
こちらのお力添えを経て、今回ようやく「デニス便(笑)」が叶いました。

まあ見て下さい。
今回初モノからデニス氏十八番モノまで、色々来ましたよ。
全部スライダーだけどね(笑)。

まずはこちら
ビッグベントアカミミガメ(ニューメキシコ産)
Trachemys gaigeae gaigeae

d0132063_17193698.jpg

2年前にデニス氏のファームにお邪魔したときに彼が自信満々に見せてくれたのがこれ。
「毎年君に買ってもらっているのはテキサス産の個体群。
こっちのニューメキシコ産はまだ子が採れていないけど、テキサス産より
模様が複雑で、オレンジがすごくきつく出るんだ。オスもメスもだよ」
デニス氏が見せてくれた親個体は、確かにフルサイズにしてドギツイオレンジの網目模様。
今年ようやく初子がハッチしました!
d0132063_17195456.jpg

しかもエキスポ後すぐに出たようで、飼い込まれているため
しっかりして良いサイズ。
d0132063_1720462.jpg

幼体サイズのうちから密に入った細かいオレンジの模様が
非常によく目立ちます。
素晴らしい!


続いて
タバスコクジャクガメ(Laguna Bacalar産)
Trachemys venusta venusta

d0132063_1719075.jpg

産地によって実に様々なタイプがあるタバスコクジャク。
つい先日もメキシコはベラクルス産の本種が入荷しましたが、
このタイプはメキシコとベリーズの国境付近のLaguna Bacalar(バカラ湖)
種親を元にしたベビー。
d0132063_17191650.jpg

パステル調の淡い色合いと、グリッと太いオレンジの
目玉模様が独特です。

個人的に今回の目玉
ハイチスライダー
Trachemys decorata

d0132063_17182552.jpg

去年の初クラッチが4つのみ。
今年はついぞ出なかったか…と落胆してましたが
1匹だけ孵ってくれました。
d0132063_17184374.jpg

側頭部の灰緑のラインはこの種だけの特徴。
吻端も、カリブ系のスライダーの中ではすっと尖った上品な形。
コレ、少し育って性別分かったらお蔵入りにします。
去年のハッチから育てたオスを飼っているので、是非ペアにしたいんで。
うちは殆ど非売品作らない店なんですが、スライダーだけは
趣味半分。スンマセン。

更に、エキスポ便で入れたけど売れちゃった種や、
ましてやまだ在庫がある種まで補充(笑)。
スライダー常時在庫の店を目指してます。

プエルトリコスライダー
Trachemys stejnegeri stejnegeri

d0132063_1718870.jpg

ネイビーグリーンの深い色合いのカリビアンスライダー。
d0132063_17175232.jpg

腹甲がデルタクロコブチズガメみたいですね。

ドミニカスライダー
Trachemys stejnegeri vicina

d0132063_17161694.jpg

同じ亜種なのに、明らかにプエルトリコより成長が早い頑健種。
模様などに個体差が結構あるので、好みのタイプを探すのもいいかも。
(さすがにシブ過ぎか…)

タコスライダー
Trachemys decussata angusta

d0132063_1716375.jpg

EUでも殖やされてて、時折来ます。
デニス氏のとこのは島による親のタイプの差なのか
EUのより色味が薄く、耳のラインはくっきり。

グァテマラクジャクガメ
Trachemys venusta grayi

d0132063_17171021.jpg

中米系のスライダーの中でも
耳や眼状斑のラインの細さが際だつ種。
d0132063_17174037.jpg

ピーコックグリーンの地色は独特です。


そうそう、今回デニス氏の友人が殖やした色変わりモノもちょろっと来ました。

リオグランデアカミミガメ(パステル・オレンジ)
Trachemys scripta subsp

d0132063_17203827.jpg

スゴイ色合い!
元々パステルっぽい色調のリオグランデスライダーを
ベースに作出した逸品。
d0132063_17217100.jpg

元の種の良さを打ち消さないまま、見事に色合いを引き出しています。
デニス氏は色変にあまり興味がないらしく、私に紹介した際は
僕が殖やしたんじゃないよ。友人が売りたいと言うから紹介する」
とわざわざ強調(笑)

も一つ色変わり
リオグランデアカミミガメ(パステル)
Trachemys scripta subsp

d0132063_17212153.jpg

こちらはゴースト調に色が「抜ける」方向のタイプ。
d0132063_17214146.jpg

四肢の色彩も薄ぼんやりで、
リオグランデ版「ファントムスライダー」って感じ。


…とまあ、長々スライダーだけのブログでしたが、なかなかいいもんでしょ?
スライダーってズラッと並べてなんぼなんで、つい揃えたくなっちゃうんですよね。


今回の生体についてのお問い合せは
090-2918-4204(店主ケイタイ)か
03-3312-6220
(店舗)までどうぞ。

  by trachemys | 2007-12-17 17:26 | 新着

<< 珍モノ続々 紅葉 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE