変蛇2&ヤモリ他

前回の予告通り、今回はすんなりマウスを食べる
餌に困らない珍蛇たちをご紹介。

ズアカクチバシヘビ
Rhamphiophis rubropunctatus
soldout
d0132063_934399.jpg

名の通りクチバシ状に尖った鼻先と、
くりっとした目が大変可愛らしいクチバシヘビ。
soldout
d0132063_935455.jpg

その中でも、流通の少ない頭部が赤い種です。
soldout
d0132063_9323823.jpg

亜成体と
soldout
d0132063_9331365.jpg

幼体が入荷。
soldout
d0132063_9345635.jpg

幼体時はスポット状の胴体は、
亜成体以降ではベージュ色になります。
soldout
d0132063_9334211.jpg

何となく北米の希少種、ロザリアナメラの成体を思わせる胴の色です。

頭部は名の通りややオレンジがかった赤。
soldout
d0132063_934652.jpg

ここは幼体時も成体時も変わりません。
soldout
d0132063_9351968.jpg

トカゲ食いっぽい容貌をしてますが、
普通にマウスを食べる種です。

輸入されたての幼体も、冷凍ピンクマウスを
パックパク

soldout
d0132063_9355769.jpg

亜成体サイズも勿論餌付き確認済みです。
匂い付けも不要。

何気に最大で2mオーバーが記録されているボリュームある種ですので、
ブルやゴファー、インディゴなどの大型ナミヘビが好きな人には特にお勧め。


サビイロクチバシヘビ
Rhamphiophis oxyrhynchus rostratus
soldout
d0132063_9363348.jpg

アカクチバシヘビとも呼ばれますが、
ズアカクチバシヘビと紛らわしい上、別に赤くない(笑)ので
こちらの呼び名の方が良いのかな。

幼体時の色合いはズアカクチバシヘビと似ていますが、
こちらは成長してもブラウン一色にならず、
グレー地にラスティーブラウンの細かいスポット。
頭部の形状はよりトリっぽく、目の周りの黒いラインが格好良い!
soldout
d0132063_9364871.jpg

こちらも冷凍ピンク餌付き済みです。


ケープサンカクヘビ
Mehelya capensis
soldout
d0132063_9375545.jpg

一部で伝説的な人気を誇る奇っ怪な珍蛇。
エイリアンの尾のようなキールだった胴体、
soldout
d0132063_938924.jpg

黒紫の独特の体色、
意外に可愛い顔つき。
soldout
d0132063_9383054.jpg

変蛇として、全てが完ぺきです。

コイツラの特筆すべきは、
いかにも餌付けに苦労しそうな面構えなのに
いたって普通にマウスを食べること。
飼育も、癖がありそうな外観とは裏腹に
普通にナミヘビ感覚でOK
見た目は変態ヘビ、中身はペットスネーク
コレ最強。

今回入荷した個体も、ワイルドながら
早速冷凍ピンクマウスをピンセットからムシャムシャ
soldout
d0132063_9384617.jpg

生息地でもなかなか捕獲できない蛇らしく、
流通は極端に少ないです。


ああそうそう、ケニア便ではありませんが
これまた面白いヘビが入荷してますので一緒にご紹介。

アラビアスナボア
Eryx jayakari
soldout
d0132063_9391165.jpg

ジアカリことアラビアサンドボアです。
4年くらい前だったか、アメリカのエキスポで
CB個体がドエライ高値で取引されていたのは記憶に新しいところ。
今回は、現地直送のワイルドSサイズ。
ピンクマウスのSを食べられるチビサイズが、メチャお買い得価格で入荷。

何がスゴイって、スナボア系では極端に珍しい卵生種であること
…なんかは二の次。
コイツの、見てください。
soldout
d0132063_9394638.jpg

スナボア類は元来がヒラメ顔だったり馬面だったり
変顔さんの宝庫ですが、この種は極端に面白顔。
完全に上向きについた目はまるでとってつけたよう。
鼻孔も上向きで、正面から見るとどこかの伝統工芸の仮面みたい。
soldout
d0132063_940130.jpg

横から見ると、なんかヨツメウオとかみたいだ。
soldout
d0132063_940933.jpg

色彩は、明るい山吹色の斑模様でかなり綺麗。
soldout
d0132063_9392924.jpg

飼育も容易な種で、ちょっと変わった潜り系ボアが欲しい人には最適。


ヘビではないですが、同じくサウジアラビア便
去年一部のみで話題になったアヤツも来ています。

アラビアミミズトカゲ
Diplometopon zarudnyi

soldout
d0132063_9402624.jpg

角張った頭部につぶらな瞳
soldout
d0132063_9403433.jpg

なまっちろい体色
まるで前肢のないアホロテトカゲですね。
前肢がないところが逆に良いじゃないですか(笑)

つぶしコオロギをモリモリ食べる良い個体。
soldout
d0132063_9404457.jpg

あげれば刻みピンクマウスなんかも食いますが、
本来の食性ではないのでほどほどに。


サウジ便では新顔のハリユビヤモリも2種類来てますが、
なんか同定があやふやなんで、詳細は只今取調べ中です。
一応インボイスネームで紹介しときますね。
こいつら、意外と情報少ない上に
文献とかでも普通に違う種の写真が使われてたりしてややこしい。
まあ、そこまで拘る人もいないでしょうが、一応。

ドリアハリユビヤモリ
Stenodactylus doriae
soldout
d0132063_941114.jpg

これこそが本物!今までのとは別種!
とかいう仰々しい煽り文句でやってきましたが、
微妙…
だいたい、そんな騒ぐほどの
イヤイヤ(笑)

ドリアハリユビは、頭胴長と同じくらい尾の長さがあるらしいんで
これはどうも違う気がするのですが。
見た目はちょっと大柄なエレンガンスハリユビって感じ。
エレガンスはメチャクチャ分布域が広いので、
実際この個体達もアラビア産のエレガンスかも。
色彩には個体差があります。
soldout
d0132063_9411430.jpg


で、今までドリアハリユビで紹介されたやつも一応掲載。
(新着じゃないですが)
soldout
d0132063_9413940.jpg

尾の長さから言えば、やはりこっちがドリアのような気もしますが、
よくよく見てみると尾の形状がなんか平たい。
soldout
d0132063_9415155.jpg

どうもこれがドリアハリユビではなく別の何かなのは確かみたい。
じゃあ何よ…って、それがすぐ分かればこんな悩んでません。
どうでもいいけど
イヤイヤ
とりあえず、この種はインボイスネームの
アスワンハリユビヤモリ Stenodactylus sp
と直しておきましょうか。


で、もう一つの今回の新着ヤモリ

スレヴィンハリユビヤモリ
Stenodactylus slevini

d0132063_9421570.jpg

これはぱっと見、今まで未見の種であることは分かりますね。
透明感のある色彩に、ペトレイハリユビ風の
ひょろっとした尻尾。
d0132063_9423360.jpg

なんか、ウエブフットゲッコウ(ミズカキヤモリ)を
思わせる、上品な色合いが良いですね。

でも、文献と照合するとなんかイマイチ咬み合わない…
もうどうでもいい
イヤイヤ
まあこの辺に限らず、生き物は
「種として(正しいから)欲しい」なんてのははっきり言って邪道で、
「その個体が気に入ったから欲しい」が正解なわけで。
自分が好きなの飼えば良いんですけどね。

つか、一部のカメマニアのように
真贋論争で盛り上がれるほどこの手の
飼育者が多くないのが悲しい…

では今回はこの辺で。


今回の生体についてのお問い合せは
090-2918-4204(店主ケイタイ)か
03-3312-6220
(店舗)までどうぞ。

  by trachemys | 2008-05-26 09:45 | 新着

<< ジムグリ 珍蛇 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE