カテゴリ:新着( 45 )

 

九レプオータム2016出品リスト

今週末11/20(日)はいよいよ
九州レプタイルフェスタ オータム2016です!
当店も奮って参加致しますので、是非ご来場下さい。

開催場所は
福岡市早良区西新2-10-1
西新パレスホール2F
開催時刻:10:00~16:30
です。

そして今回の九レプでも、当店独自の裏イベントとして
九レプに出品ならず店舗に残ったお留守番生体たちを
イベント同様に特価で販売してしまう特別セール、
通称「お留守番セール」
を店舗で同時に開催いたします。
こちらの期間は九レプ前日11/19(土)
九レプ当日11/20(日)の両日。
11/18(金)、11/21(月)は、メンテナンスと片付けの為臨時休業となりますのでご注意下さい)

居残り生体は、留守居組のスタッフがスペシャルプライスを設定してお待ちしています!
何がどんな価格になるのか、詳細は例によって店主も知りません(笑)。
関東近郊のお客様は是非チェック&ご来店下さい!


さて、裏イベントの告知はこれくらいにして、
九レプの出品生体お品書きをこちらに記しておきますね。
時間の限られたワンデイのイベントですので、
お目当ての生体を予め探しやすいようご活用を。

お時間があまり無い方は
この一覧からあたりを付けておいて、スタッフに「○○はどこですか?」
と尋ねてしまうのも手っ取り早くて良いかも。

二次的な活用法としては、基本「店舗に来てのお楽しみ」になっている
お留守番セールの該当生体を見当つける逆引き用にもどうぞ。
(在庫が複数ある種類は、このリストに載っていても同種が店舗にお留守番している可能性があります)

では、九レプオータム2016、お品書き一覧です

◎カメ

ヒメカエルガメCB
ニューギニアカブトガメCB
シュルツカブトガメCB
ノコヘリカブトガメCB
ヒメマゲクビガメCB Emydura m. dharra
クレフトマゲクビガメCB
ニシキマゲクビガメCB
オオヨコクビガメ
クロハコヨコクビガメCB
ノコヘリハコヨコクビガメCB
オオアタマヒメニオイガメCB
サルヴィンオオニオイガメCB MS
オアハカドロガメCB MS
キイロドロガメCB
キタシロクチドロガメCB
ノドジロドロガメCB
ハナナガドロガメCB MS
ミスジドロガメCB MS
キボシイシガメCB S~MS
テキサスダイヤモンドガメCB
キマダラチズガメCB
フロリダアカハラガメCB
アカプルコクジャクガメCB
ベラクルスクジャクガメCB
ガルフコーストハコガメCB MS
コスタリカアカスジヤマガメ
ウンキュウCB
ジャノメイシガメ S
ニホンイシガメCB
チュウゴクセマルハコガメCB ♀

ケヅメリクガメFH
ソマリアヒョウモンリクガメCB

◎トカゲ・ヤモリ

トウブクビワトカゲCB(アクアフレイム)ペア
サバクハリトカゲ
フトヒゲカメレオンモドキCB MS
ローソンアゴヒゲトカゲCB ♂
フトアゴヒゲトカゲCB 各品種
 ・ハイカラー
 ・スーパーレッド
 ・ブラッド
 ・パステルハイポ
 ・ハイポZERO
エボシカメレオンCB
キタアオジタトカゲCB
ストケスイワトカゲCB
ストリオラータイワトカゲCB
アカメカブトトカゲ
ヘリグロヒメトカゲ
クロミズベトカゲ
オオアシカラカネトカゲ
リッジテールモニターCB
ミドリガストロカナヘビCB
サキシマカナヘビCB
アイセントラウトカナリアカナヘビCB
ラッカムコブトカゲ ♂
トゥストラヨルトカゲ Lepidophyma tuxtlae
シナワニトカゲ(レッド系) ♂
ホンワーレンヨロイトカゲ
コモチミミズトカゲ

ミナミヤモリ(沖縄本島産)
ミナミヤモリ(八丈島産)
アサギマルメヤモリ Lygodactylus conraui ペア
コッホオオヒルヤモリ
トラフホソユビヤモリ
シュトンプフササクレヤモリCB
ソメワケササクレヤモリ
マツゲイシヤモリCB ♀
モニリスビロードヤモリCB
クレステッドゲッコーCB各品種
 ・ノーマル
 ・ダークベース
 ・ソリッド
チャホウアミカドヤモリCB
トルキスタンスキンクヤモリ
ゴマバラトカゲモドキペア
カドーリートカゲモドキCB
スベノドトカゲモドキCB♂♀
ハイナントカゲモドキ
バワンリントカゲモドキCB
サヤツメトカゲモドキCBペア
オバケトカゲモドキCB(イーラム)♀

ヒョウモントカゲモドキ各品種
 ・ハイイエロー
 ・ストライプ
 ・ハロウィンマスク
 ・ラベンダーボルドストライプ♂
 ・タンジェリン ♂
 ・ハイスペックルドタンジェリン ♀
 ・タンジェリンラベンダー
 ・ハイポタンジェリン/ブラッドライン ♀
 ・ハイポ ♀
 ・ハイビノ
 ・スーパーハイポタンジェリン
 ・サイクスエメリン
 ・エクストリームエメリントレンパーアルビノ ♀
 ・マンダリンスーパーブラッド ♀
 ・トレンパーアルビノ
 ・トレンパーアルビノスーパージャイアント ♀
 ・レインウォーターアルビノ
 ・ベルアルビノレッドストライプ
 ・ブリザード
 ・リューシスティック
 ・マックスノーアルビノ
 ・スーパーマックスノー
 ・エクリプス(ハーフスネークアイ)
 ・ハイポエクリプス(ソリッドアイ)
 ・スノーエクリプス(ソリッドアイ)
 ・TUGファントム ♂
 ・ゴブリン(=TUGファントムエクリプス)♀
 ・マックスノーRADAR ♀
 ・ハイポエニグマパラドックス♂
 ・ブラックホール(=エクリプス×エニグマ×マックスノー)♂♀
 ・ホワイトアンドイエロー♂
 ・オーロラ(=W&Yベルアルビノ)Het.RADAR
 ・W&Yタンジェリンベルアルビノ
 ・W&Yスノーグロー
 ・W&Yドリームシクル ♀

◎ヘビ

スコットガーターCB
チェッカーガーターCB
マウンテンガーターCB
マングローブミズベヘビCB(オレンジ)
アカハラミズベヘビCB
キララツヤヘビCB
ソバオウワメヘビ(レッド)
ジャワヤスリヘビ
セイブシシバナヘビCB(エクストリームレッドアルビノ) ♂
メキシコシシバナヘビCB
ニビイロアリノハハヘビ
アオダイショウ L(パターンレス)
コクシーベニナメラCB
タイリクスジオCB
ビルマスジオCB
マレースジオCB
フタモンナメラ
トウブキツネヘビCB
エバーグレイズラットスネークCB(アルビノ)
ブラックラットスネークCB(ラスティ)
ブラックラットスネークCB(アルビノ)
テキサスラットスネークCB(リューシスティック/ブラックアイ)
テキサスラットスネークCB(リューシスティック/ソリッドアイ)
コーンスネーク各品種
 ・ノーマル
 ・ハイポ
 ・アメラニスティック
 ・ハイホワイトリバースオケッティ
 ・ゴースト/Hetサンキッス
 ・サンキッス
 ・スカーレットスノー
 ・バブルガムスノー
 ・アイス
 ・アマレット
 ・テッセラ
 ・キャラメルテッセラ
 ・モトレイテッセラ
 ・テッセラブラッドレッド
 ・クリームシクルストライプ
アルビノシナコーンCB
ジャングルコーンCB(テッセラ)
ジャングルコーンCB(アルビノテッセラ)
カリフォルニアキングCB(ブラック&クリームバンデッド)
サイエリキングスネークCB(ピーチオレンジ)
ネルソンミルクスネークCB(アルビノ)

ボールパイソンCB(ファイアーフライ)
ボールパイソンCB(チョコレートファイアフライ)
ボールパイソンCB(ファントムイエローベリー)
ボールパイソンCB(バナナ)
ボールパイソンCB(ハイコントラストアルビノ)
ボールパイソンCB(ホワイトダイアモンド)
マラヤンブラッドパイソン
グリーンパイソン
ジャングルカーペットパイソンCB
ニューギニアカーペットパイソン
パプアンパイソン
バイパーボア
ハルマヘラグラウンドボア
コロンビアレインボーボアCB(ダーク)
ブラジルレインボーボアCB
コースタルロージーボアCB(Anza Borrego)
コースタルロージーボアCB(アルビノ)
ラバーボアCB
タタールスナボア
ケニアサンドボアCB(Hetアネリ)
ケニアサンドボアCB(アネリスリスティック)
ジョニーサンドボアCB

◎両生類

アカボシトタテガエルCB
レムールネコメガエルCB
キボシクサガエル
アフリカウシガエルCB
テキサスミドリヒキガエル
ヨーロッパミドリヒキガエル
ヒラタフトコノハガエルB.platyparietus
ビルマコガタジムグリガエル
マンシャンコノハガエル
マダラヤドクガエル(キャピラブラック)
マダラヤドクガエル(キャンパナ)
モウドクフキヤガエルCB

トウブレッサーサイレン
オビタイガーサラマンダー
スポットサラマンダー
フージンイモリ
キタムハンフトイモリ
オキナワシリケンイモリ
クロカタスツエイモリCB
ホクオウクシイモリCB
マダライモリCB
アルプスサラマンダー
テレストリスファイアサラマンダーCB
ポルトガルファイアサラマンダーCB
ポルトガルファイアサラマンダー(セントラルポルトガル) アダルトペア
イベリアファイアサラマンダーCB
モレニカファイアサラマンダーCB

◎昆虫・奇蟲・甲殻類その他

シャイニーバロースコーピオン
ダイオウサソリ
チリアンチョコレートスコーピオン
スネアカサソリモドキ(タイ産)
タイワンサソリモドキCB
テキサスジャイアントビネガロン
ギニアスペックルドウデムシ ペア
マレーシア産小型ウデムシCB
T+アルビノダンゴムシCB
ヤエヤマネッタイコシビロダンゴムシCB
アルビノホソワラジムシCB
オレンジホソワラジムシCB

コイチョウタイガーレッグセンチピード
コイチョウタイガーレッグセンチピードCB
ソロモンイエローレッグセンチピード
タイランドオオムカデ
タイランドオオムカデCB
タイワンオオムカデ(ハイナン産・ブラック)
ベトナムオオムカデ(イエローレッグ)
マレーシアチェリーレッドセンチピード
マレーシアチェリーレッドセンチピードCB
ユンナンオリーブセンチピード
ユンナンレッドレッグセンチピード
ガイアナバンデッドレッグセンチピード
ケニアブルーレッグセンチピード
ナイジェリアジャイアントタイガーセンチピード
チリアンブルーセンチピード

オオヤスデsp(マレーシア産)
タイランドジャイアントミリピード
マレーシアB&RジャイアントミリピードCB
トーゴ産ミリピード
ユニオンアイランドミリピード
ギニアジャイアントブラウンミリピード
タンザニアジャイアントミリピード
カメルーンジャイアントミリピード
カメルーンワームミリピード

チリアンゴールドタイガーランプAcanthogonatus francki
チリアンブロンズタイガーランプAcanthogonatus pissi
ブラジリアンジャイアントB&WバンデッドCB Acanthoscurria brocklehursti
アンティルピンクトゥーCB Avicularia versicolor
メキシカンカーリーヘアCB Brachypelma albopilosum
メキシカンカーリーヘアCB L Brachypelma albopilosum
メキシカンフレイムニーCB Brachypelma auratum
メキシカンフレイムニーCB L Brachypelma auratum
ベラクルスブラックベルベットCB Brachypelma kahlenbergi
メキシカンピンクCB Brachypelma klaasi
メキシカンレッドニーCBBrachypelma smithi
ロライマエクリプスCB Bumba cabocla
グリーンボトルブルーL ♀ Chromatopelma cyaneopubescens
バーガンディスケルトンCB Ephebopus rufescens
ヴェネズエランオリーブヘッドCBEuthycaelus colonica
ブラジリアンブラックCB L Grammostola pulchra
チャコジャイアントゴールデンCBGrammostola pulchripes
サウザンレッドゼブラローズ Grammostola sp. "concepcion"
サジマズブルーCB Pterinopelma sazimai
コスタリカンレッドレッグCB Megaphobema mesomelas
コロンビアンジャイアントCB Megaphobema robustum
ディアマンテブルーCB Oligoxystre diamantinensis
パナマニアンブロンドCB Psalmopoeus purcher
コスタリカンオレンジマウスCB Psalmopoeus reduncus
マークスバブーンCB Harpactira marksi
カメルーンレッドバブーン ♂ Hysterocrates gigas
ヘラクレスバブーンCB Hysterocrates hercules
ブルーフットバブーンCBIdiothele mira
マレーシアブルーフィーマーCB Coremiocnemis brachyramosa
インディアンバイオレットCB Chilobrachys fimbriatus
コバルトブルータランチュラCB Cyriopagopus lividum
マレーシアアースタイガーCB Cyriopagopus schioedtei
タイランドゼブラレッグ Haplopelma albostriatum
タイランドブラックCB Haplopelma minax
タイランドブラウンCB Haplopelma sp "Thai Brown"
パナイアイランドブルーCB Orphnaecus sp. Blue Panay
グーティサファイアオーナメンタルCB Poecilotheria metallica
ベンガルフォースポッテッドオーナメンタルCB Poecilotheria miranda
インディアンオーナメンタルCB Poecilotheria regalis
チグリスオーナメンタルCB Poecilotheria tigrinawesseli

シロモンオオサシガメCB
ゴールデンデュビアCB
キスジワモンゴキブリCB
マデイラゴキブリ(ゴールデン)CB
ゴーストポーセリンローチCB
エウブラベルスsp(パンタナル産)CB
ブラベルス・ギガンテウスCB
クラニファーローチ(ブラックウィング)CB
オレンジヘッドローチCB
ディスタントローチCB
オルナータベルベットローチCB
グリンバナナローチCB
クエスチョンマークドミノローチCB
ブラックカプチーノローチCB
ブラックバロウィングローチCB
ヒメマルゴキブリ

…etc

会場でお目にかかりましょう!

  by trachemys | 2016-11-18 10:19 | 新着

JRS2016お品書き

今週末8/6(土)&8/7(日)に開催される
ジャパンレプタイルズショー2016 夏
ご存じ、日本最大にして老舗のレプタイルショーです。

勿論当店も奮って参加致しますので、是非ご来場下さい。
開催場所は
静岡県静岡市駿河区曲金3-1-1
ツインメッセ静岡
です。
今回も、従来同様日本全国のショップが一堂に会する広い会場ですよ!

恒例の
出品生体お品書きをこちらに記しておきますね。
広い会場で、ブース内の生体も山積みになっていますので、
お目当ての生体を予め探しやすいようご活用を。

お時間があまり無い方は
この一覧からあたりを付けておいて、スタッフに「○○はどこですか?」
と尋ねてしまうのも手っ取り早くて良いかも。
では、ジャパンレプタイルズショー2016夏の
お品書き一覧です
(あくまで予定ですので、当日欠品やご来場時の完売、
逆にリストに載っていない種の追加などもあり得ますのでご了承ください)

◎カメ
サバンナヨコクビガメ ヤング
モンキヨコクビガメ ベビー
シロガオハコヨコクビガメ ヤングペア
ジーベンロックナガクビガメ
ニシキマゲクビガメCB ベビー
ニューギニアカブトガメCB ベビー
クロハラヘビクビガメCBベビー
オアハカドロガメCB
キイロドロガメCB ベビー
キタシロクチドロガメ(タバスコフォーム)Cb
サラドロガメ(ノーザンフォーム/セレクト) ペア
フロリダドロガメCB アダルト♂
ホオアカドロガメ アダルト♀
ホオアカドロガメCB ベビー
フトマユチズガメ(ウォアシタチズガメ)
キバラガメCB ベビー
タコスライダーCB
キボシイシガメCB S~MSサイズ
ガルフコーストハコガメCB 拳サイズ
コスタリカアカスジヤマガメ MSサイズ
ジャノメイシガメ S
ジャノメイシガメ アダルト♀
タイリクミナミイシガメCB
オオヤマガメCBベビー
セイロンヤマガメ
チュウゴクセマルハコガメCB Mサイズ♀
ハイナンスペングラーヤマガメ アダルトペア

アラブギリシャリクガメ ベビー
ヒガシヘルマンリクガメCB
ケヅメリクガメ FHベビー
ソマリアヒョウモンリクガメCB ベビー
バブコックヒョウモンガメ MSサイズ♂
パンケーキガメMSサイズ

◎トカゲ・ヤモリ
グリーンイグアナCB(アザンティックブルー)
ハグルマブキオトカゲ
フトヒゲカメレオンモドキCB MSサイズペア
トウブクビワトカゲCB(アクアフレイムライン) ヤング
サバククビワトカゲ アダルトペア
エボシカメレオンCB ヤング♀
エリマキトカゲベビー
ヒメアゴヒゲトカゲCB
フトアゴヒゲトカゲ各種
 ・オレンジ&レッドトランス アダルト♂
 ・スーパーレッドトランス アダルト♀
 ・スーパーレッドハイポトランス ヤング
 ・ブラッドハイポ ベビー
 ・ブラッドレザー ベビー
 ・ホワイトハイポ
 ・ホワイトハイポトランス
ディスパートゲオアガマアダルト♀
ニシキトゲオアガマ Sサイズ
ゲイリートゲオアガマ(レッド) Sサイズ
ゲイリートゲオアガマ(イエロー) Sサイズ
ファイアスキンクCB
フレーシネマングローブスキンクEmoia atrocostata freycineti
キメラアオジタトカゲCBヤング
ソロモンオマキトカゲ Sサイズ
シナミズトカゲ
スラウェシクロコダイルスキンク
モトイカブトトカゲ ♀
コルデンシスツリーモニター MSサイズ
トリカラーモニター 飼い込み美個体
アオカナヘビ ♂
ゴラカベカナヘビCB アダルト♂
ニシミドリカナヘビCB MSサイズペア
ミドリガストロカナヘビCB ヤング
ムスジカナヘビアダルト♂♀
アオキノボリアリゲータートカゲ
オカアリゲータートカゲ
テキサスアリゲータートカゲCB
ヨーロッパアシナシトカゲ
シナワニトカゲアダルトペア
ラッカムコブトカゲ アダルト♂
ニシキカタトカゲ
ホンワーレンヨロイトカゲ(Cordylus warreni warreni) ヤング
ミカゲヨアソビトカゲCB 
ジカリーヒレアシトカゲ

コワンシーヤモリ Gekko kwangsiensis ペア
トッケイ(ベトナム産) ヤングアダルト
トッケイ(ジャワ産) ベビー
コッホオオヒルヤモリ アダルト
アンギラバンクチビヤモリ Sphaerodactylus sputator ペア
ペルーワレユビヤモリ ♀
オオバクチヤモリ
エベナビアゲッコー ペア
スジヘラオヤモリ Sサイズ~アダルトペア
カルダモンホソユビヤモリ ヤング
トラフホソユビヤモリヤングペア
ペグーホソユビヤモリ近縁種(ミャンマー産)
オビセプスササクレヤモリ ペア
シュトンプフササクレヤモリ ペア
ソメワケササクレヤモリ ヤングペア
ソメワケササクレヤモリCB(ゴースト) ペア
ヒメササクレヤモリ ♀
バスタルドササクレヤモリ ♀
マークドランドゲッコーCB Homonota horrida
ロボロフスキースキンクヤモリ アダルトペア
トルキスタンスキンクヤモリ ♂
ナメハダタマオヤモリCB♂
インターメディウスイシヤモリCB ♂
キボシビロードヤモリCBペア
モニリスビロードヤモリCB
ガーゴイルゲッコーCB(マーブル)
クレステッドゲッコーCB各種
 ・ノーマル
 ・ソリッド
 ・オレンジハーレキン
 ・ダークベースピンストライプ
ボウシトカゲモドキCB ♀
サヤツメトカゲモドキCB ♂
バンドトカゲモドキ ペア
ジョーロントカゲモドキGoniurosaurus zhelongi ペア
ゴマバラトカゲモドキ ペア
ハイナントカゲモドキ ペア
ニシアフリカトカゲモドキCB(アルビノ)
ニシアフリカトカゲモドキCB(ホワイトアウトタンジェリン)
オバケトカゲモドキCB(イーラム)♀
オバケトカゲモドキCB(ケルマンシャー)♀
ヒョウモントカゲモドキCB各種
 ・ハイイエロー
 ・ストライプ
 ・ラベンダーボルドストライプ
 ・ハイポ
 ・タンジェリン ♂
 ・ハイスペックルドタンジェリン ♀
 ・スーパーハイポタンジェリン ♀
 ・スーパーハイポタンジェリン Hetエクリプス
 ・ハイポタンジェリン/ブラッドライン ♀
 ・マンダリンスーパーブラッド ♀
 ・トレンパーアルビノ
 ・ベルアルビノレッドストライプ
 ・ベルアルビノエニグマ ♀
 ・リューシスティック
 ・ブリザード
 ・ブレイジングブリザード
 ・マックスノー
 ・マックスノーアルビノ
 ・マックスノーリューシスティック
 ・スーパーマックスノー
 ・スーパーマックスノーアルビノリューシ
 ・ハイポエニグマパラドックス ♂
 ・ホワイトアンドイエロー ♂
 ・エクリプス(ハーフスネークアイ)
 ・スノーエクリプス
 ・スノーエクリプスストライプ
 ・スーパースノーRAPTOR(Poss.W&Y) ♀
 ・マックスノーRADAR ♀
 ・TUGファントム ♂
 ・ゴブリン(=ファントムエクリプス) ♀
 ・ブラックホール ♂♀
 ・オーロラ(=W&Yベルアルビノ) HetRADAR ♀

◎ヘビ
イースタンガーター(フロリダフォーム)CB
カリフォルニアレッドサイドガーターCB ♂
マウンテンガーターCB ♂Thamnophis elegans elegans
コーストガーターCB(レッドフェイズ)♂
サンタクルズガーターCB♀
スコットガーターCB T.e.scotti ペア
チェッカーガーターCB
フロリダミズベヘビCB(レッド)
アカハラユウダ
キブチソウカダXenochrophis flavipunctatus
ソバオウワメヘビ(レッド)
ジャワヤスリヘビ
ディアードメクラヘビ Argyrophis diardii
ラクロワククリィヘビ ♂♀
テキサスハナナガヘビ
タテゴトヘビ
アリノハハヘビ
オリーブハウススネーク(ブラック)
スムーススネーク Coronella austriaca ♂♀
エバーグレーズラットスネークCB(アルビノ)
エモリーラットスネークWC(メキシコ産)♀
トウブキツネヘビCB ♀
トランスペコスラットスネークCB(アルビノ) ペア
ベアードラットスネークCB(メキシコ) ♂
テキサスラットスネークCB(リューシスティック) ♀
コーンスネークCB各種
 ・アネリ ♂
 ・ゴースト/Hetサンキッス ♀
 ・ラベンダー ♂
 ・スノー ♀
 ・バブルガムスノー ♂
 ・サーモンスノーストライプ ♂
 ・サンキッス
 ・パステルサンキッス ペア
 ・チャコールサンキッス
 ・シンダーサンキッス ♂
 ・マンダリン ♂
 ・ルートビアブラッドレッド ♂
 ・テッセラブラッドレッド ♂
アオダイショウCB(パターンレス)♂
アムールラットスネーク
サラサナメラCB(チャイナイエロー) ペア
フタモンナメラ♀
チュウゴクシュウダCB(ブリリアントアルビノ) ♂
ヨナグニシュウダCB アダルト♀
マレースジオCBペア
キスジナメラ(ベトナム産)
コクシーベニナメラCB
ライノラットスネークWC♂
ライノラットスネークCB♀
ミドリナメラCB
ヒョウモンナメラCB ♂
イースタンミルクCB ペア
カリフォルニアキングCB(バナナ)
カリフォルニアキングCB(コースタルバンド)
サウスフロリダキングCB(ラベンダーアルビノ)♂♀
サウスフロリダキングスネークCB ♀(ホワイトサイドゴースト)
スペックルドキングCB(カンザス)♀
グレーバンドキングCB(ブレアー)♀
サイエリキングスネークCB(ピーチオレンジ)
ボールパイソン
アルバーティスパイソン(サウザンブラックフォーム)
ウォーターパイソンCB
グリーンパイソン(ビアク) ベビー
ジャングルカーペットパイソンCB ペア
ニューギニアカーペットパイソン
パプアンパイソン ベビー
バイパーボア
パシフィックグラウンドボア(ソロモン産) ペア
ハルマヘラグラウンドボア ♂
ブラウンサンドボアCB
コロンビアレインボーボアCB ヤングアダルトペア
ブラジルレインボーボアCB ♂

◎両生類
アカメアマガエル
レムールネコメガエルCB
ヒラタフトコノハガエル
ユンナンフトコノハガエル
サキシマヌマガエル
アンソニーヤドクガエルCB
イチゴヤドクガエル(アルミランテ)
キスジフキヤガエルCB
マダラヤドクガエル(キャピラブラック)
マダラヤドクガエル(キャンパナ)
モウドクフキヤガエルCB(イエロー)
キオビヤドクガエルCB
キンイロアデガエル
ラビリンスナンベイウシガエルCBLeptodactylus labyrinthicus
ナンブヒキガエル
テキサスミドリヒキガエル
グリーンアップルツノガエルCB
ファンタジーツノガエルCB
アプリコットツノガエルCB
ホオコケツノガエルCB
アフリカウシガエルCB
バジェットガエルCB
ピパ・パルヴァCB(ヒメコモリガエル)

オビタイガーサラマンダー S~ML
ブロッチタイガーサラマンダー
アメイロイボイモリCB
ミナミイボイモリ
ビハンコブイモリ
アルプスサラマンダー
クロカタスツエイモリCB
ダヌーブクシイモリCB♂
マダライモリCB
テレストリスファイアサラマンダーCB(ハイイエロー)
ポルトガルファイアサラマンダーCB
ポルトガルファイアサラマンダーCB(セントラルポルトガル産) ペア
クレスポファイアサラマンダーCB
ムジハラファイアサラマンダーCB(Mt.レバノン)
ビクトリアアシナシイモリ

◎奇蟲・その他
 …スミマセン、奇蟲類は数があまりに多すぎて、リストアップしきれませんでした。
 種類数だけ書き出しておきます。
サソリ・サソリモドキ類 7~8種
ムカデ類 20種前後
ヤスデ・タマヤスデ類 15種前後
タランチュラ類 70種前後
ローチ類 20種前後
…etc

こんな感じです。
直前での飛び入り入荷や、スペシャルブリーダーさんによる会場デリバリーもあるかも!

ご来場、お待ちしております!

  by trachemys | 2016-08-05 09:08 | 新着

コンゴ民主共和国便入荷

凄まじい暑さですね…。
慣れない冷房かけたら、喉やられちゃって
電話に出るたびに相手に「…電波悪いですか?」と聞かれています。
ここ数日、酒焼けした老人のような声になっている店主です。

今日は、アフリカ中部のコンゴ民主共和国より
現地ダイレクト便の紹介です。

セウネハコヨコクビガメ
d0132063_187928.jpg

実に久しぶり!
色彩はともかく、形は似たものが多いハコヨコクビ達の中で、
セタカガメを思わせる寸詰まりで甲高なフォルムが何とも特徴的!
d0132063_1873994.jpg

d0132063_18814.jpg

真っ黒の甲と、スターダスト風味の細かな斑の散った頭部が
色合い的にもGoodです。

オオハコヨコクビガメ
d0132063_1882170.jpg

チャピニなんて可愛らしい種小名を持つ大型種…?
本当に巨大になるかはどうも微妙なようで、
最大記録などは他種の誤認の可能性もあるとか。
個人的にはどちらかと言えばコンパクトな部類のように感じられます。
オス
d0132063_1884093.jpg

長めの頸部と成長につれて長方形に近くなるフォルムは
厚みのあるカエルガメといった感じ。
d0132063_1885342.jpg

前肢の爪が黒々と長く、クチバシの先はW字に切れ込みが入ります。

メス
d0132063_1891575.jpg

雌雄とも手を広げたくらいのミドルサイズですが、既に成熟しかけているペアです。


今回は久しぶりに珍蛇達も色々到着してます。

オリーブユウダモドキ
d0132063_1894429.jpg

アフリカにおけるガータースネーク的ポジションで、
魚を中心に食べるフィッシュイーター。
動きはゆったりで、性質も鷹揚なのが好ポイント。
飼い方はガーター類と同じで、過度にじめじめさせずに
普通のナミヘビ感覚の方が吉。

ユウダモドキsp?(ブラック)
d0132063_181008.jpg

形状はオリーブユウダモドキに似ていますが、
メキシカンブラックキングも顔負けの、
全身是漆黒。
d0132063_18101393.jpg

腹板までツヤツヤのインディゴブラックです。
オリーブユウダの黒化個体群なのか、同属別種なのか、
はたまた別属種なのかも現状では不明。
d0132063_18103469.jpg

種同定を含め、何が何でも「学術的」に明確な答えを出す事を偏重しがちな
最近の珍種ジャンルですが、
こういうよく分からないものを「分からないなぁ…。まあでもとにかく、格好良いし綺麗で良いわなぁ」
と楽しみながら飼うのだってOKなんですよ。
正体が分かれば、それはそれでまた楽しいんですけどね。


スミスグレイヘビ
Grayia smithii

d0132063_18113070.jpg

通称グライア
珍蛇好きの間ではかなり切望されていた、アフリカの半水棲種グレイヘビ
これは、特に太短い体型のスミスグレイヘビです。
水から上がったオオミズヘビかミニチュアのキイロアナコンダみたい。
d0132063_18114490.jpg

実物を見ると、ミズヘビ類のような完全水中依存型ではなく、
陸上でもよく行動することが分かります。
ただ、鱗の質感は明らかに薄く滑らかな水棲傾向を示すので、
水場には必ずアクセスできるようにセットしておきましょう。
こちらは南米のツヤヘビ的なポジションなのかな。

トヨングレイヘビ
Grayia tholloni

d0132063_18123422.jpg

とよん
ちゃぴにと並んで、またも可愛らしい響きですが、どちらも人名由来です。
太短い系とややスレンダー系の2タイプ有る
グレイヘビですが、本種は後者。
スミスと比べると、同じ太さでも格段に尾が長いのが分かります。
d0132063_18125786.jpg

d0132063_18131673.jpg

目の下にラインが走り、赤みがかった頬や脇腹がソウカダなどを思わせますね。

コモンタマゴヘビ(コンゴ産)
d0132063_18163930.jpg

一部に非常に奥深いファン層を持つタマゴヘビ。
本種は中でも基本種ですが、
分布が広いだけあって各産地からの個体を見比べると、
それぞれ特徴的です。
d0132063_18165963.jpg

これはいわゆるロンビックフェイス
「菱形」の意味がぴったり来るようなトランプのダイヤ型が背に連なっています。
何だかやけに動きがアグレッシブで、タマゴヘビのくせに
口を開けてがんがんアタックしてきます
お前、ろくな歯も無いくせに
一瞬よく似たクサリヘビ類なのかと緊張してしまいましたが、
タマゴヘビで間違いありませんでした。


今回の生体についてのお問い合せは
090-2918-4204(店主ケイタイ)か
03-3312-6220
(店舗)までどうぞ。

  by trachemys | 2013-07-11 18:32 | 新着

ガーター着弾

長々打ってたブログ文章が、
ブラウザソフトのフリーズで全消えした時の虚無感と言ったらもう…
最近のSleipnirは、何だか色々酷い。
ク○だ!○ソ過ぎる!

一部表現にお見苦しい点が有ったことをお詫び致します(笑)

…さて。

先月は九州レプタイルフェスタ
大阪レプタイルズフィーバーという
2つのイベントが続き、
国内移動距離が結構なことに。

そのせいか、どうにも首やら腰やらが
重苦しく、なかなか疲れが取れません。

今回さらっと始めてみましたが、
ブログもプチ放置気味に…。

そんな間にも恒例のサマーセールが始まり、
新着はどんどん到着しています。

今日はここ数年で一ジャンルとしてのポジションを確立した
ガータースネーク達が沢山到着したのでまとめてご紹介。

イースタンガーターCB(フレイム)
オス
d0132063_1349438.jpg

「炎」の名の通り
燃えるような濃いバーミリオンに覆われる
イースタンガーターの極美品種。
メス
d0132063_13495789.jpg

他のコモンガーター亜種や品種の赤と違い、
フレイムの赤は暖かみを強く感じる温感溢れる色調です。


レッドサイドガーターCB
d0132063_13501630.jpg

原種で赤が出る亜種の一つ。
ワイルド個体は黒褐色の地で
サイドにポチポチと赤斑が並ぶくらいの地味なものが多いですが、
CB化すると途端に脇腹全域にレッドが広がります。
ちょっとヤマカガシを思わせる色使いが怪しい魅力ですね。


レッドサイドガーターCB(アネリスリスティック)
d0132063_13503861.jpg

赤が特徴のレッドサイドから赤を取ってどうする!
…と一瞬思ってしまいそうですが、
実物を見ればすぐそれが愚問であることに気付きます。
我々日本人が大好きなモノトーンで、
赤の部分は少し紫がかった透明感のある白に、
地色は艶やかな黒にチェンジ。


ピッカリングガーターCB(ブルー)
d0132063_13505212.jpg

こちら、クールな色合いが魅力の
ピュージェットサウンドことピッカリング。
数年前にワイルドが立て続けに流通しましたが、
現在ではパッタリ見かけなくなってしまい、元のレア亜種に戻りつつあります。
色味に数タイプありますが、これは特に人気の高いブルー系


プレーンズガーターCB(アネリスリスティック)
d0132063_13511016.jpg

コモンガーターの亜種達とはまた違った
独自のグループであるプレーンズ。
原種は灰色から黄褐色の地で、背の中央にベタなオレンジや黄色のストライプが入ります。
これはそのアネリスリスティック(赤色色素消失)。
全身ツヤツヤの黒ですが、よく見ると一色なのではなく
様々な濃度のブラックで元の模様が形成されているのが分かります。
虹彩も真っ黒で、ウル目が可愛い!


プレーンズガーターCB(アザンティック)
d0132063_13512461.jpg

こちらはアザンティック(黄色色素消失)。
黒々としたアネリとは違い、原種のパターンが残りつつ
ぼんやりとした色味の名残が各所に有り、それがひと味違う雰囲気に。
サイドの腹側は薄く水色がかり、背のストライプは緑みのある麦わら色に。
d0132063_13513617.jpg

…うーむ、今ひとつワタクシの撮影技術では
本来の色合いが再現できていません
なぁ。
実物は実に深みのある良い色合いですよ。


プレーンズガーターCB(アイオワスノー)
d0132063_13514949.jpg

アルビノとアネリの組み合わせであるスノーです。
プレーンズのアルビノには
T+アルビノ(いわゆるラベンダーアルビノ)であるネブラスカ血統
T-アルビノ(レッドアイアルビノ)であるアイオワ血統の2種類があります。
アルビノのコンボ品種であるスノーにも、どちらを使ったかで形質に違いが表れます。
この個体はT-アルビノのアイオワ血統のスノーなので、
若いうちは全身是ピンクで、ムギ球を埋め込んだようなレッドアイ。
成長に伴い外皮が厚くなると、純白になります。
人気の高いスノーカリキンブリザードコーンのような色合いですね。


チェッカーガーターCB(アルビノグラナイト)
d0132063_1352458.jpg

これまた独自グループを形成する
太短いチェッカーガーターの色変。
本種のアルビノは古くから存在する有名な色変ガーターですが、
これはそのアルビノに、最近になって着目されているグラナイトを組み合わせたもの。
グラナイトは、規律正しい本種のチェッカー模様が
細かく霜降り状に散る見事な品種です。
d0132063_13521745.jpg

それをアルビノ化したら、ビビッドなイエローオレンジに
本種独特の藤色っぽい白の斑紋が細かく散り、
オレンジシャーベットのような涼感溢れる色調に!


今回入荷した個体達は、どれもメダカを食べられるベビーサイズ。
がんがん食べさせればすぐにピンクマウスOKサイズに持って行けます。
餌付けの移行にてこずらないのが、ガーターの良いところですね。

この他にも、急にデジカメの電池が切れたので
写真が間に合いませんでしたが

漆黒地に血痕のような深い赤のスポット、
蛍光イエローの太いストライプが特徴の
レッドスポットガーター(オレゴンレッドスポットガーター)
なんてのも来ています。
これはピンクマウスOKなイヤリングクラス。
デジカメ電池が充電できたらまたアップします(笑)

これらの到着で、店内は一気にガーター祭り状態に。
在庫している他のガーター達も成長に伴い更に良い感じに発色てきておりますので、
近々取り上げてみようかと思います。


今回の生体についてのお問い合せは
090-2918-4204(店主ケイタイ)か
03-3312-6220
(店舗)までどうぞ。

  by trachemys | 2013-07-06 13:56 | 新着

九レプ帰還

大盛り上がりに盛り上がった
九州レプタイルフェスタ
イベント疲れが未だとれません…
年々回復が遅くなってくるのを実感しております。

毎度のことなのですが、イベントになると、
いつもとは全く違うハイテンションになるので、
日頃お店で会っている常連さんや同業者さんに
その様子を見られるのがやや恥ずかしいです。

今回の九州でも、隣ブースの
爬虫類倶楽部、阿部ちゃん
珍獣を見るような目で観察されていたのを
横目で確認しながら
一生懸命自分を鼓舞していました。
ココデワレニカエッテハイケナイ…

そんな感じですので、いつもと様子が違う店主をイベントで見かけても
そっとしておいてやって下さい。
だいたい、翌日はその反動で軟体動物のような動きになっています。

さて、九州前後にも新着は
どんどんやってきていますよ!

バーバーオオクサガエル
Leptopelis barbouri

d0132063_19394260.jpg

同郷のウルグルオオクサガエルは
細々ながら輸入が続いているのに対し、
本種は本当に入荷が散発的。
3年ぶりくらいの入荷ですが、今回も数はごく少数です。
d0132063_1940575.jpg

妖精のような透明感を持ったビッグアイツリーフロッグです。

ブラウンハウススネークCB(アルビノ)
Lamprophis fuliginosus

d0132063_19402193.jpg

大分定番になってきたアルビノハウススネークですが、
原種に色味の幅が大きいため、アルビノ化してもかなり色々な色柄のがいます。
これはずいぶん珍しい、黄色みが強いタイプ。
種分割されたケープハウススーネークも含め、
流通している個体には赤みが強いものが多いため、
こうした色合いのものは何だか新鮮!

ジャンセンラットスネーク
Gonyosoma janseni

d0132063_19404681.jpg

久々!
昔はセレベスレーサーなんて呼ばれてました。
同属のホソツラナメラをモノトーンにしたような
実に渋くて格好良いヘビです。

ホソツラに比べて体躯は太く、ボリューム満点。
気性の荒さはホソツラに全く引けを取りません(苦笑)。
フルサイズのメスです。

セラムモニター
Varanus ceramboensis

d0132063_1941514.jpg

あまりインドネシアのモニターを扱っていないイメージがある
当店ですが、それは単なる店主の気まぐれで、
興が乗るといきなり在庫が増えてくることもあります。
d0132063_19411818.jpg

こいつらは、小型で気性も落ち着いており、
美しいという、良いところ取りの種です。

到着したてで、さすがにまだバタツキますが、
人慣れは他の同タイプモニターに比べて格段に早いです。


今回の生体についてのお問い合せは
090-2918-4204(店主ケイタイ)か
03-3312-6220
(店舗)までどうぞ。

  by trachemys | 2013-06-06 19:46 | 新着

I like bushes

今週末6/2(日)九州レプタイルフェスタです。
当店も奮って参加致しますのでお楽しみに!


なお、イベント発送準備などの兼ね合いで
5/31(金)・6/1(土)・6/2(日)・6/3(月)の4日間、
店舗は休業となります。
通販の発送業務は6/1~6/3迄できませんので、
6/2(日)~6/4(月)着指定の発送は承れませんのでご注意下さい。

ということで、九レプ前に
溜まりに溜まっている新着を
何とかアップしておきたいところ。

方々から「最近HPの更新が鈍い!」とお叱りを受けますが、
このところのホームページ更新度合い低下の元となっていた
新刊の原稿も昨日全て上がりましたので、今日明日にでもアップができるかと。

…スイマセン、盛りました。
確かに新しい本の原稿は書いていましたが、
その合間に舞台見に行ったり、新作ゲーム買ったりしてたのも事実。
校了したのは本当なので、これから心を入れ替えて一心に更新作業に励む所存です。
(…一体何回繰り返すんだろうな、こういうこと)


さて、呆れられないように
当ブログでもまた少し前倒しアップをしておきましょう。

バタースビーヤブコノミ
Philothamnus battersbyi

d0132063_5272180.jpg


藪が好きなのでヤブコノミ
実に分かりやすいネーミングですね。

グリーンのヘビって絵本などではメジャーですが、
実際はそんなにいないのですが、
コイツラはその数少ない鮮やかな緑のヘビ

目で餌を追うタイプなので初めは餌ヤモリや餌ガエルが必要ですが、
ピンクマウスにスライドさせるのもそう労を要しません。
臭いで反応するタイプじゃ無いので、
ピンセットから餌をもらえる=ピンセットの先にある物は餌だ
と覚えさせるのがコツです。

類似種が多いヤブコノミですが、今回はもう一種別種も来ています。

アンゴラヤブコノミ
Philothamnus angolensis

d0132063_529481.jpg

バタースビーより吻端は丸く、瞳が大きめ。
d0132063_5293141.jpg

体格は少し太めで、サイドに細かなブルースポットが、
鱗の隙間には黒が入ります。

今回はここまで。
…さー、頑張ってホームページ更新するぞー!
の前に、今日も仕入れ。

今回の生体についてのお問い合せは
090-2918-4204(店主ケイタイ)か
03-3312-6220
(店舗)までどうぞ。

  by trachemys | 2013-05-27 05:30 | 新着

渋いUSA便ナミヘビ

プチセールは大好評のうちに幕を閉じました。
イベント帰りにお立ち寄り頂いたお客様方も、有り難うございました。


さあ、来週末はいよいよ九州レプタイルフェスタです!
当店もふるって参加しますのでお楽しみに!

さて、今日は北米便のナミヘビをご紹介。
メジャー種でもちょっとひねった渋い品種が中心です。

イースタンガーターCB(アルビノ)
Thamnophis sirtalis sirtalis

d0132063_19325892.jpg

ここ数年で、飛躍的に飼育種としてのポジションが向上したガータースネーク。
国内外の根強い愛好家達の推しが、ようやく認知されてきた模様です。

ガーターの中のガーターと言っても良い
コモンガーターの基亜種、トウブガーター。
地域による変異も様々で、品種も多く有り、
実にガータースネーク飼育の楽しみそのものを体現していると言えます。
d0132063_19334018.jpg

あまり見かけない、アルビノのイースタン。
ラベンダー調の細かなブロッチに、鱗の隙間から覗くレッドが
鮮やかな行く末を期待させます。

グレイラットスネーク
Elaphe obsoleta spiloides
(Pantherophis spiloides )

d0132063_1934730.jpg

最近では、白とグレーになる上品な個体群
「ホワイトオーク」が有名ですが、
今回のは今やむしろ見かけない
ドノーマルのハイイロネズミヘビです。

その体色は、まさに鼠色
二重の意味でネズミヘビですね。
他亜種に比べてキョトンとした顔つきが魅力です。
最近では分類変更に伴って、馴染みが無い学名に…。

コーンスネーク(ラベンダーキャラメル)
Elaphe guttata guttata
(Pantherophis guttatus)

d0132063_19344824.jpg

おなじみのコーンも、あまり見る機会の無い珍しい品種が到着。
ラベンダーとキャラメルのコンボ品種です。
ラベンダーは、明るい色味にすればするほど赤やピンクも併発し、
色鮮やかになるのは有り難いのですが、
赤紫では無いシックな薄紫を求める方にはジレンマになっています。
d0132063_1935234.jpg

これは、黄化であるキャラメルを加えたことにより
赤みやピンクみが押さえられ、
白っぽい地色に薄いラベンダー色のブロッチと
基色の色味を保ちながら明るくする方向に持っていったコンボ品種です。
まだ流通が本格化していない品種なので、入手はなかなかできません。
1匹のみの入荷です。

コーンスネーク(シルバークイーンゴースト)
Elaphe guttata guttata
(Pantherophis guttatus)

d0132063_19351732.jpg

使用したハイポやアネリの形質によって色味に幅があるゴーストですが、
これはマイアミをベースに用い、顎の下に出る黄色みを
極力抑えたシックなゴーストです。
マイアミ由来なので、地色はより白く、
ブロッチは鞍型でコントラストがあります。

そう言えば、品種名のシルバークイーンって何のことなんですかね。
色彩に由来しているわけでもなさそうだし、
ブリーダー名由来とかでもないみたいだし。

英語圏に「クイックシルバー」っていう女幽霊の言い伝えがあるんですが、
それと関係有るんでしょうか。
「私が出たよ!」というサイン代わりに
鏡に口紅で「Q」って落書きするお茶目お化けなんですが(笑)

ゴースト系の品種には「ファントム」とか「ポルターガイスト」とか
幽霊亡霊系でネーミングを揃えてる傾向があるし、もしかしたらと思って。
詳しい方、教えてー!

そしてカエルも少々。

トウブコクチガエル
Gastrophryne carolinensis
d0132063_19402054.jpg

ヒメガエル系おなじみの扁平な卵形の体型。
特にこの仲間はNarrow mouth toadと呼ばれるように、
体に対して小さな口をしています。
d0132063_19403035.jpg

色はシルバーチップが入った黒ですが、湿度や温度によって
ブラウンや黄土色になったりもします。


ああ、そろそろホームページの方も新着更新しなければ…

今回の生体についてのお問い合せは
090-2918-4204(店主ケイタイ)か
03-3312-6220
(店舗)までどうぞ。

  by trachemys | 2013-05-22 19:46 | 新着

ベトナムからの箱~プチセール開催中!

本日5/17(金)~5/20(月)迄の4日間
昨年より恒例となっています
プチセールを行っています。

期間限定ですが、価格はかなり頑張っちゃってますよ
ご来店・通販とも適用ですので、どうぞご利用下さい
さてさて、セール中でも新着はどんどんやってきます。

本日紹介するは
滅多に無いハイクオリティーなコイツラ

オプストヒラセガメ L
Cuora mouhotii obsti

オス

Soldout
d0132063_20485923.jpg

ベトナムなど生息地南部に分布するヒラセガメの亜種。
基亜種に比べて扁平で幅広の甲と、腹甲の模様が特徴です。
オス
Soldout
d0132063_20491840.jpg

…て、気付けばヒラセガメってばアジアハコガメ属になってるんですよね。
うーむ、分類ってのは外観だけじゃ分からないというのは分かっているのですが…
一属一種じゃ無くなってちょっと寂しいけど、
セレブ感溢れるアジアンボックスの一員になって誇らしい気も(笑)
メス
Soldout
d0132063_20493557.jpg

アダルトサイズが輸入されることは滅多にありません。
しかも、今回より抜き中のより抜き個体達。
状態もバリバリで、初期立ち上げの心配も無し!
メス
Soldout
d0132063_2050245.jpg

中国などを経由しない、ベトナムからの直送便ですので、
余計なストレスがかかっていないのですね。
輸出割り当てはごくごく少数のみらしいので、
こういうチャンスをお見逃し無く!

今なら雌雄、複数いる中から選べます。
超状態の良い大型個体のみを数ペアセレクトしてきました。

※まさかの初日完売
写真個体以外にも、結構数を用意したんですが…
有難うございました!

てのひら大のお手頃個体達も一緒に来てます。
d0132063_20503746.jpg


オプストヒラセガメ MS
Cuora mouhotii obsti

Soldout
d0132063_20502172.jpg

これまた状態バリバリ!

そして、スター性のあるヒラセ達のカゲに隠れてひっそりと
地味ーにレアなハコガメも。

シャムハコガメ
Cuora amboinensis kamaroma

d0132063_20505262.jpg

3亜種あるマレーハコガメの亜種達の中でも最も甲高!
d0132063_20511662.jpg

両端が切り立った崖のようですね。
d0132063_2051459.jpg

扁平な基亜種アンボイナや、流通の多めな別亜種ジャワハコ
も最近ではあまり見なくなってしまっていますが、
大陸部産のシャムハコガメは、今も昔も変わらずごく少数です。

カメたちの他に、ちょっと変わったベトナムのカエルたちも。

ヘイモンズヒメガエル
Microhyla heymonsi

d0132063_20512623.jpg

ハナヒメガエル
Microhyla pulchra

d0132063_20513688.jpg

バトラーヒメガエル
Microhyla butleri

d0132063_20515177.jpg

ハナヒメガエルとしてまとめて輸入された中から、嬉しい混じりもの発見でした(笑)
価格は均一でお出ししますので、コレクションするも良し。
(どれもごく少数ずつのみです)

そして半月ほど前にブリッとした大型個体が入荷したオオミズヘビですが、
今度はピッカピカのファーミングCBも到着!

オオミズヘビ(ベトナム産)CB
Enhydris bocourti

Soldout
d0132063_205238.jpg

水ツチノコの子供は親より更にアンバランスで不細工可愛い!
d0132063_20521471.jpg


勿論、これら新着もプチセールの対象です!

今回の生体についてのお問い合せは
090-2918-4204(店主ケイタイ)か
03-3312-6220
(店舗)までどうぞ。

  by trachemys | 2013-05-17 20:57 | 新着

白黒&プチセール告知

明日5/17(金)~5/20(月)迄の4日間
昨年より恒例となっています
プチセールを開催致します。

詳細は明日ホームページにアップしますが、
年に二度のロングセール以外では殆どセールらしきものをしない
当店では珍しい、期間限定売り出しです。
期間はプチですが、価格はロングセールに負けない設定にしますよ!
勿論、ご来店・通販とも有効ですのでお楽しみに!

さて、本日のアップは

ジーベンロックナガクビガメ
(ブラック&ライトカラー)

Macrochelodina rugossa
Chelodina siebenrocki

d0132063_15325418.jpg

分類再編で属名はMacrochelodinaに移り、
オーストラリアの個体群(チリメンナガクビ)と統一されて
種小名もrugossaと統一された本種ですが、
ホビー世界では旧名で呼び分けたいところ(笑)

カラバリ豊富なジーベンですが、
やはりここまで極端なのは探してもごくごく僅か。
d0132063_15331880.jpg

更に今回の2匹はちょっと敏感なハッチベビーではなく、
小さめの鶏卵くらいのナイスサイズです!

今回の生体についてのお問い合せは
090-2918-4204(店主ケイタイ)か
03-3312-6220
(店舗)までどうぞ。

  by trachemys | 2013-05-16 15:36 | 新着

Blood sucker

鉄は熱いうちに…とか言います。
リズムが崩れないうちに更新を続けましょう。

本日紹介するは

ホンカロテス
Calotes calotes

d0132063_19532056.jpg

和名も「本カロテス」
学名もCalotes calotes
まさにカロテス属の基本形…という感じですが、
生息地が野生生物保護に超キビシイ
インド&スリランカとあって流通はほぼ皆無。

今回、ごく少数の個体がスリランカから輸出許可が出たようで、
日本へやってきました。

さて、このホンカロテス、
珍しいだけでなく、外観がメチャ格好良いため
一部の樹上棲トカゲマニアの間では、長らく流通が望まれていました。
d0132063_1954612.jpg

クレストが発達したドラゴンチックな風貌と、
ビビッドなグリーン&ホワイトバンドのカラーリングが素晴らしい。

もっとも、こいつの魅力はそこだけじゃ無いんです。
既に知られている事ですが、
d0132063_19543387.jpg

興奮すると、その色彩を一瞬にして変化させるのです。

顔の地色がオレンジからレッドへ激変し、
特に口周りは血を吸ったように真っ赤になります。
d0132063_1955277.jpg

そのため、
別名をブラッドサッカー(吸血鬼)と言うのです。

実に中二病っぽいネーミングセンスで大変宜しい!
スリランカの吸血鬼…ということで、
何か同地の伝承に基づく怪物とかの名を借りたキャッチを付けようと思って
ちょいと調べましたが、これぞというのが無くて断念(笑)
(豆知識:そもそも仏教圏にはいわゆる吸血鬼伝承が少ない)

興奮時の色彩は、成熟に伴って更に色濃くなり、
発情やテリトリー誇示にも使われるようになります。
フルアダルトでは首から上がべた塗りの真っ赤に!

外観だけでなく、性質もモンスターチックで、
手をかざしたりカメラを近づけると大きく口を開けて威嚇。
d0132063_19552255.jpg

のみならず積極的に飛びかかって咬もうとしてくるほどです。
他のカロテス類では単に逃げ回るくらいなので、
これはなかなか新鮮。

サイズが小さいため、別に危険ではありませんが、
この容易に人間に相容れない感覚は、ブラッドサッカーのネーミングも
相まって本種の魅力を更に高めています。

ペアで入荷しています。


今回の生体についてのお問い合せは
090-2918-4204(店主ケイタイ)か
03-3312-6220
(店舗)までどうぞ。

  by trachemys | 2013-05-14 19:58 | 新着

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE