<   2008年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

ヤモリ本発売

冨水明著「可愛いヤモリと暮らす本」が発売されました。

氏の久しぶりの単行本とあって、実に気合い入ってます。
前半はヒョウモントカゲモドキとクレステッドを中心に、
ヤモリの基本的な飼育法や各品種などを徹底解説。
後半カタログ部ではマニアックな種から基本種まで、実に多岐にわたる
ヤモリの仲間をカタログ形式で紹介。
トラブルバスターや遊び心満載のページもあり、充実の一冊です。
当店でも勿論取り扱い中です。

で、それに合わせて明日よりキャンペーン企画を行います。
3/25(火)~4/8(火)までの二週間、ヤモリ全種を特価セール
さらに、期間中に¥10000以上のヤモリをお買い上げ頂いた方には
得点として、上記単行本をなんと無料でプレゼントしちゃいます。
店頭・通販共に有効ですので、是非ご利用下さい!
詳しくは明日の更新時に発表します。

さて、文章だけでは飽きてくるでしょうから、
新着生体の中からヤモリ類をピックアップでご紹介。

ウィリアムズイシヤモリ
Strophurus williamsi

オス
d0132063_18523150.jpg

オーストラリア産の珍奇な姿をしたヤモリ。
このグループ独特の、刺状突起の付いた尾を持っています。
メス
d0132063_18525275.jpg

珍しく、ベビーではなくしっかり育ったペア。
特価予定です。


セスジイシヤモリ
Diplodactylus vittatus

d0132063_1853469.jpg

ヴィッタータスイシヤモリ。
スベスベした手触りの良さそうな皮膚が上品な和菓子を思わせる
オーストラリアの小型ランドゲッコー。
メリハリの効いた模様と、短い手足でちょこまか歩く姿が
可愛らしいですね。
ベビーよりやや育ったメイビーメスです。


フリンジヘラオヤモリ
Uroplatus fimbriatus

d0132063_18531962.jpg

ヘラオヤモリの中でも最大級の大型種。
今回は、扱いやすい中型サイズの個体達。
グルグル渦巻きの虹彩が、怪しさを醸し出します。

模様は様々。
コケ模様のもの
d0132063_18533412.jpg

地衣状斑のあるもの
d0132063_18534474.jpg

樹皮状の模様のもの
d0132063_1853516.jpg



スベヒタイヘラオヤモリ
Uroplatus henkeli

d0132063_1854652.jpg

当店は久々に取り扱うヘンケリー。
強健なヘラオで、他種に比べ乾燥にもかなり耐えます。
独特の、赤みのあるヒョウ柄模様。


ヤマビタイヘラオヤモリ
Uroplatus sikorae

d0132063_18542526.jpg

適度なボリュームと、ヒダヒダの多い飾り気のある容貌が人気の種。
脱皮前で真っ白(笑)
本来は、コケ模様や地衣状斑が入り乱れた複雑な柄を持つ種です。


スジヘラオヤモリ
Uroplatus lineatus

d0132063_1854583.jpg

宇宙人的容貌の細長いヘラオ。
主に竹林に棲息しているだけあり、
枯れた笹や竹によく似ています。
ストライプのはっきりしたメス
d0132063_18551617.jpg

オスは夜間、虹彩がオレンジに。
d0132063_18552767.jpg



この他、レオパことヒョウモントカゲモドキも、
基本品種を中心に何匹か入荷してます。


今回の生体についてのお問い合せは
090-2918-4204(店主ケイタイ)か
03-3312-6220
(店舗)までどうぞ。

  by trachemys | 2008-03-24 18:57 | 新着

何とか復活

お、終わった…。
ギリギリで確定申告用書類整理が終了。
また来年も同じことやるんだろーなぁ。
ほんと、何とかならないかこの性分。

さて、更新さぼってたぶん
未アップの新着も沢山溜まってきました。
それらの中から、今回はベジタリアンな生き物をピックアップ。


マリトゲオアガマ
Uromastyx dispar maliensis

d0132063_640925.jpg

トゲオアガマの定番種。
ばりっと黄色&黒の出たオスと
柄も綺麗でプリプリのメスの良いペアです。
d0132063_6402162.jpg



リビアサバクトゲオアガマ
Uromastyx acanthinura acanthinura

d0132063_6403081.jpg

リビア産の基亜種アカンスニュラ。
モロッコ産ニグリベントリス亜種のような
ド派手さはありませんが、
黒地にホワイトスポットの出るシブ美しいトゲオです。
珍しい小さめヤングサイズ。
d0132063_6404061.jpg

ワイルド来たてはちょっと気難しい基亜種ですが、
このくらいからだと適応性もあって飼いやすいです。


キタチャクワラ
Sauromalus obesus subsp

d0132063_6405866.jpg

こちらは北米のベジタリアンです。
白柄がバッチリ出たオス。
背にはポツポツ赤い小班も。
なんでも今までの主要産地テキサス州では
今後本種を始めとする殆どの爬虫類の捕獲が規制されるとか。
ちょっと行く末心配です。


久々にリクガメも入荷してます。

キレナイカギリシャリクガメ
Testudo graeca cyrenaica

d0132063_641145.jpg

珍しい現地ハッチベビーサイズ。
可愛い!
d0132063_641273.jpg

甲長20cm程度の小型の種で、
大きくなると背に斑紋が増えていきます。


スピークセオレガメ
Kinixys spekii

d0132063_6414225.jpg

セオレ大好き(笑)
スピークセオレは元々ベルセオレなどより扁平なセオレですが、
今回はより平たいチビサイズ。
d0132063_642546.jpg

色合いも黄色みが強く、どちらかというとヒラセリクガメ風?
特にこの個体は色味が強く、一見
「ナタールセオレ?」とも思ってしまいそう(笑)
本種もまた、アフリカ中南部に分布するため、
あまり定期的に輸入されない種です。
今回のはザンビア産。


今回の生体についてのお問い合せは
090-2918-4204(店主ケイタイ)か
03-3312-6220
(店舗)までどうぞ。

  by trachemys | 2008-03-16 06:44 | 新着

弥生の頃

気付けばもう三月も二週目。
気候も暖かくなって、過ごしやすい時期になりつつあります。
(黄砂が飛んできてて、主任スタッフは毎日もうろうとしてますが(笑))
またも放置気味のこのブログ、
まだチェックされてる方はどれくらいいるんでしょう。

ええと、今回はゲームのボスに苦戦しているのではありません。
只今膨大な数の伝票や領収書と戦ってます

そう、弥生の頃は確定申告の時候なんだよぉ…
日頃のまめな作業をさぼってたツケと締め切り間際に戦うのは
原稿でもWeb更新でも、もはやお約束のワタクシですが、
今回もまたひじょーにキビシイ。
キーボード叩きすぎで、表記してあるキーの文字が
消えかかってます(笑)。

ガンバレ自分、あと一週間くらいの辛抱だ。
コレが終われば、ブログもHPもまた頻繁な更新が…
って、件の単行本の原稿を始め、戦わなきゃならない案件が
列を成してますが…

別に多忙をアピってる訳じゃないんです。
ただ、編集関係の方々もこのブログをご欄になっているようなので、
せめてもの言い訳
近況をと思いまして…。

ショッパイ話になってきたので、画像でも一枚。
これでもか!というくらい巨頭化した
ナスタことガイアナカエルガメです。
頭の鱗がタイルみたい。
d0132063_15325936.jpg

この手の巨頭化するカメの大型個体は、
文句なしにかっけえなぁ。

さあ、領収書張り付けに戻るぞー!

今回の生体についてのお問い合せは
090-2918-4204(店主ケイタイ)か
03-3312-6220
(店舗)までどうぞ。

  by trachemys | 2008-03-11 15:45 | お知らせ

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE