<   2013年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

I like bushes

今週末6/2(日)九州レプタイルフェスタです。
当店も奮って参加致しますのでお楽しみに!


なお、イベント発送準備などの兼ね合いで
5/31(金)・6/1(土)・6/2(日)・6/3(月)の4日間、
店舗は休業となります。
通販の発送業務は6/1~6/3迄できませんので、
6/2(日)~6/4(月)着指定の発送は承れませんのでご注意下さい。

ということで、九レプ前に
溜まりに溜まっている新着を
何とかアップしておきたいところ。

方々から「最近HPの更新が鈍い!」とお叱りを受けますが、
このところのホームページ更新度合い低下の元となっていた
新刊の原稿も昨日全て上がりましたので、今日明日にでもアップができるかと。

…スイマセン、盛りました。
確かに新しい本の原稿は書いていましたが、
その合間に舞台見に行ったり、新作ゲーム買ったりしてたのも事実。
校了したのは本当なので、これから心を入れ替えて一心に更新作業に励む所存です。
(…一体何回繰り返すんだろうな、こういうこと)


さて、呆れられないように
当ブログでもまた少し前倒しアップをしておきましょう。

バタースビーヤブコノミ
Philothamnus battersbyi

d0132063_5272180.jpg


藪が好きなのでヤブコノミ
実に分かりやすいネーミングですね。

グリーンのヘビって絵本などではメジャーですが、
実際はそんなにいないのですが、
コイツラはその数少ない鮮やかな緑のヘビ

目で餌を追うタイプなので初めは餌ヤモリや餌ガエルが必要ですが、
ピンクマウスにスライドさせるのもそう労を要しません。
臭いで反応するタイプじゃ無いので、
ピンセットから餌をもらえる=ピンセットの先にある物は餌だ
と覚えさせるのがコツです。

類似種が多いヤブコノミですが、今回はもう一種別種も来ています。

アンゴラヤブコノミ
Philothamnus angolensis

d0132063_529481.jpg

バタースビーより吻端は丸く、瞳が大きめ。
d0132063_5293141.jpg

体格は少し太めで、サイドに細かなブルースポットが、
鱗の隙間には黒が入ります。

今回はここまで。
…さー、頑張ってホームページ更新するぞー!
の前に、今日も仕入れ。

今回の生体についてのお問い合せは
090-2918-4204(店主ケイタイ)か
03-3312-6220
(店舗)までどうぞ。

  by trachemys | 2013-05-27 05:30 | 新着

渋いUSA便ナミヘビ

プチセールは大好評のうちに幕を閉じました。
イベント帰りにお立ち寄り頂いたお客様方も、有り難うございました。


さあ、来週末はいよいよ九州レプタイルフェスタです!
当店もふるって参加しますのでお楽しみに!

さて、今日は北米便のナミヘビをご紹介。
メジャー種でもちょっとひねった渋い品種が中心です。

イースタンガーターCB(アルビノ)
Thamnophis sirtalis sirtalis

d0132063_19325892.jpg

ここ数年で、飛躍的に飼育種としてのポジションが向上したガータースネーク。
国内外の根強い愛好家達の推しが、ようやく認知されてきた模様です。

ガーターの中のガーターと言っても良い
コモンガーターの基亜種、トウブガーター。
地域による変異も様々で、品種も多く有り、
実にガータースネーク飼育の楽しみそのものを体現していると言えます。
d0132063_19334018.jpg

あまり見かけない、アルビノのイースタン。
ラベンダー調の細かなブロッチに、鱗の隙間から覗くレッドが
鮮やかな行く末を期待させます。

グレイラットスネーク
Elaphe obsoleta spiloides
(Pantherophis spiloides )

d0132063_1934730.jpg

最近では、白とグレーになる上品な個体群
「ホワイトオーク」が有名ですが、
今回のは今やむしろ見かけない
ドノーマルのハイイロネズミヘビです。

その体色は、まさに鼠色
二重の意味でネズミヘビですね。
他亜種に比べてキョトンとした顔つきが魅力です。
最近では分類変更に伴って、馴染みが無い学名に…。

コーンスネーク(ラベンダーキャラメル)
Elaphe guttata guttata
(Pantherophis guttatus)

d0132063_19344824.jpg

おなじみのコーンも、あまり見る機会の無い珍しい品種が到着。
ラベンダーとキャラメルのコンボ品種です。
ラベンダーは、明るい色味にすればするほど赤やピンクも併発し、
色鮮やかになるのは有り難いのですが、
赤紫では無いシックな薄紫を求める方にはジレンマになっています。
d0132063_1935234.jpg

これは、黄化であるキャラメルを加えたことにより
赤みやピンクみが押さえられ、
白っぽい地色に薄いラベンダー色のブロッチと
基色の色味を保ちながら明るくする方向に持っていったコンボ品種です。
まだ流通が本格化していない品種なので、入手はなかなかできません。
1匹のみの入荷です。

コーンスネーク(シルバークイーンゴースト)
Elaphe guttata guttata
(Pantherophis guttatus)

d0132063_19351732.jpg

使用したハイポやアネリの形質によって色味に幅があるゴーストですが、
これはマイアミをベースに用い、顎の下に出る黄色みを
極力抑えたシックなゴーストです。
マイアミ由来なので、地色はより白く、
ブロッチは鞍型でコントラストがあります。

そう言えば、品種名のシルバークイーンって何のことなんですかね。
色彩に由来しているわけでもなさそうだし、
ブリーダー名由来とかでもないみたいだし。

英語圏に「クイックシルバー」っていう女幽霊の言い伝えがあるんですが、
それと関係有るんでしょうか。
「私が出たよ!」というサイン代わりに
鏡に口紅で「Q」って落書きするお茶目お化けなんですが(笑)

ゴースト系の品種には「ファントム」とか「ポルターガイスト」とか
幽霊亡霊系でネーミングを揃えてる傾向があるし、もしかしたらと思って。
詳しい方、教えてー!

そしてカエルも少々。

トウブコクチガエル
Gastrophryne carolinensis
d0132063_19402054.jpg

ヒメガエル系おなじみの扁平な卵形の体型。
特にこの仲間はNarrow mouth toadと呼ばれるように、
体に対して小さな口をしています。
d0132063_19403035.jpg

色はシルバーチップが入った黒ですが、湿度や温度によって
ブラウンや黄土色になったりもします。


ああ、そろそろホームページの方も新着更新しなければ…

今回の生体についてのお問い合せは
090-2918-4204(店主ケイタイ)か
03-3312-6220
(店舗)までどうぞ。

  by trachemys | 2013-05-22 19:46 | 新着

ベトナムからの箱~プチセール開催中!

本日5/17(金)~5/20(月)迄の4日間
昨年より恒例となっています
プチセールを行っています。

期間限定ですが、価格はかなり頑張っちゃってますよ
ご来店・通販とも適用ですので、どうぞご利用下さい
さてさて、セール中でも新着はどんどんやってきます。

本日紹介するは
滅多に無いハイクオリティーなコイツラ

オプストヒラセガメ L
Cuora mouhotii obsti

オス

Soldout
d0132063_20485923.jpg

ベトナムなど生息地南部に分布するヒラセガメの亜種。
基亜種に比べて扁平で幅広の甲と、腹甲の模様が特徴です。
オス
Soldout
d0132063_20491840.jpg

…て、気付けばヒラセガメってばアジアハコガメ属になってるんですよね。
うーむ、分類ってのは外観だけじゃ分からないというのは分かっているのですが…
一属一種じゃ無くなってちょっと寂しいけど、
セレブ感溢れるアジアンボックスの一員になって誇らしい気も(笑)
メス
Soldout
d0132063_20493557.jpg

アダルトサイズが輸入されることは滅多にありません。
しかも、今回より抜き中のより抜き個体達。
状態もバリバリで、初期立ち上げの心配も無し!
メス
Soldout
d0132063_2050245.jpg

中国などを経由しない、ベトナムからの直送便ですので、
余計なストレスがかかっていないのですね。
輸出割り当てはごくごく少数のみらしいので、
こういうチャンスをお見逃し無く!

今なら雌雄、複数いる中から選べます。
超状態の良い大型個体のみを数ペアセレクトしてきました。

※まさかの初日完売
写真個体以外にも、結構数を用意したんですが…
有難うございました!

てのひら大のお手頃個体達も一緒に来てます。
d0132063_20503746.jpg


オプストヒラセガメ MS
Cuora mouhotii obsti

Soldout
d0132063_20502172.jpg

これまた状態バリバリ!

そして、スター性のあるヒラセ達のカゲに隠れてひっそりと
地味ーにレアなハコガメも。

シャムハコガメ
Cuora amboinensis kamaroma

d0132063_20505262.jpg

3亜種あるマレーハコガメの亜種達の中でも最も甲高!
d0132063_20511662.jpg

両端が切り立った崖のようですね。
d0132063_2051459.jpg

扁平な基亜種アンボイナや、流通の多めな別亜種ジャワハコ
も最近ではあまり見なくなってしまっていますが、
大陸部産のシャムハコガメは、今も昔も変わらずごく少数です。

カメたちの他に、ちょっと変わったベトナムのカエルたちも。

ヘイモンズヒメガエル
Microhyla heymonsi

d0132063_20512623.jpg

ハナヒメガエル
Microhyla pulchra

d0132063_20513688.jpg

バトラーヒメガエル
Microhyla butleri

d0132063_20515177.jpg

ハナヒメガエルとしてまとめて輸入された中から、嬉しい混じりもの発見でした(笑)
価格は均一でお出ししますので、コレクションするも良し。
(どれもごく少数ずつのみです)

そして半月ほど前にブリッとした大型個体が入荷したオオミズヘビですが、
今度はピッカピカのファーミングCBも到着!

オオミズヘビ(ベトナム産)CB
Enhydris bocourti

Soldout
d0132063_205238.jpg

水ツチノコの子供は親より更にアンバランスで不細工可愛い!
d0132063_20521471.jpg


勿論、これら新着もプチセールの対象です!

今回の生体についてのお問い合せは
090-2918-4204(店主ケイタイ)か
03-3312-6220
(店舗)までどうぞ。

  by trachemys | 2013-05-17 20:57 | 新着

白黒&プチセール告知

明日5/17(金)~5/20(月)迄の4日間
昨年より恒例となっています
プチセールを開催致します。

詳細は明日ホームページにアップしますが、
年に二度のロングセール以外では殆どセールらしきものをしない
当店では珍しい、期間限定売り出しです。
期間はプチですが、価格はロングセールに負けない設定にしますよ!
勿論、ご来店・通販とも有効ですのでお楽しみに!

さて、本日のアップは

ジーベンロックナガクビガメ
(ブラック&ライトカラー)

Macrochelodina rugossa
Chelodina siebenrocki

d0132063_15325418.jpg

分類再編で属名はMacrochelodinaに移り、
オーストラリアの個体群(チリメンナガクビ)と統一されて
種小名もrugossaと統一された本種ですが、
ホビー世界では旧名で呼び分けたいところ(笑)

カラバリ豊富なジーベンですが、
やはりここまで極端なのは探してもごくごく僅か。
d0132063_15331880.jpg

更に今回の2匹はちょっと敏感なハッチベビーではなく、
小さめの鶏卵くらいのナイスサイズです!

今回の生体についてのお問い合せは
090-2918-4204(店主ケイタイ)か
03-3312-6220
(店舗)までどうぞ。

  by trachemys | 2013-05-16 15:36 | 新着

Blood sucker

鉄は熱いうちに…とか言います。
リズムが崩れないうちに更新を続けましょう。

本日紹介するは

ホンカロテス
Calotes calotes

d0132063_19532056.jpg

和名も「本カロテス」
学名もCalotes calotes
まさにカロテス属の基本形…という感じですが、
生息地が野生生物保護に超キビシイ
インド&スリランカとあって流通はほぼ皆無。

今回、ごく少数の個体がスリランカから輸出許可が出たようで、
日本へやってきました。

さて、このホンカロテス、
珍しいだけでなく、外観がメチャ格好良いため
一部の樹上棲トカゲマニアの間では、長らく流通が望まれていました。
d0132063_1954612.jpg

クレストが発達したドラゴンチックな風貌と、
ビビッドなグリーン&ホワイトバンドのカラーリングが素晴らしい。

もっとも、こいつの魅力はそこだけじゃ無いんです。
既に知られている事ですが、
d0132063_19543387.jpg

興奮すると、その色彩を一瞬にして変化させるのです。

顔の地色がオレンジからレッドへ激変し、
特に口周りは血を吸ったように真っ赤になります。
d0132063_1955277.jpg

そのため、
別名をブラッドサッカー(吸血鬼)と言うのです。

実に中二病っぽいネーミングセンスで大変宜しい!
スリランカの吸血鬼…ということで、
何か同地の伝承に基づく怪物とかの名を借りたキャッチを付けようと思って
ちょいと調べましたが、これぞというのが無くて断念(笑)
(豆知識:そもそも仏教圏にはいわゆる吸血鬼伝承が少ない)

興奮時の色彩は、成熟に伴って更に色濃くなり、
発情やテリトリー誇示にも使われるようになります。
フルアダルトでは首から上がべた塗りの真っ赤に!

外観だけでなく、性質もモンスターチックで、
手をかざしたりカメラを近づけると大きく口を開けて威嚇。
d0132063_19552255.jpg

のみならず積極的に飛びかかって咬もうとしてくるほどです。
他のカロテス類では単に逃げ回るくらいなので、
これはなかなか新鮮。

サイズが小さいため、別に危険ではありませんが、
この容易に人間に相容れない感覚は、ブラッドサッカーのネーミングも
相まって本種の魅力を更に高めています。

ペアで入荷しています。


今回の生体についてのお問い合せは
090-2918-4204(店主ケイタイ)か
03-3312-6220
(店舗)までどうぞ。

  by trachemys | 2013-05-14 19:58 | 新着

復活

お久しぶりです(苦笑)。

3年前にクロダイの画像を貼ったきり放りっぱなしで、
以後開いても開いてもクロダイの写真…で、
もはや何屋のブログなんだか…状態でした。

せっかく作ったブログなのに、
案の定一年ほどで更新のむらが酷くなり、
アルバイト生に任せっきりに。
彼が新しい道を見つけてからは、完全に放置されておりましたが、
放置期間丸三年を機に、ようやく復活に着手しました。

んで、取りあえず復帰第一段目はクロダイならぬヌタウナギ
…ではなく、ミズアシナシイモリです。

ミズアシナシイモリ
Typhlonectes sp

d0132063_2132768.jpg

実に久しぶりですねぇ。
(あ、ブログも、ですが此奴のことですよ)
ニョロニョロ

ミズアシナシイモリ
Typhlonectes sp
d0132063_2141521.jpg

肌荒れも無く、状態良好です。

まずはリハビリついでのアップなので今回はコレのみで。
今度は投げ出さないよう、こまめな更新を心がけていきますので、
またのぞきに来てやって下さい。

今回の生体についてのお問い合せは
090-2918-4204(店主ケイタイ)か
03-3312-6220
(店舗)までどうぞ。

  by trachemys | 2013-05-13 02:17 | お知らせ

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE